お小遣い稼ぎの方法

短期間で中学生がお金を貯める方法は【親のお手伝い】が最も効率的!

「友達と自由に遊びたい」

「お金を気にせずに遊んでみたい」

という欲望は誰にでもあります。

しかしながら、中学生は原則としてアルバイトすることができません。

 

厳密には労働基準法で、雇う側である会社に対して

子どもは、満15歳になってから最初の3月31日まで働かせてはいけないとしています。

ただし、法律には中学生を働かせてもよいとする例外的な仕事もあります。

中学生に例外的に認められている労働

・新聞配達、牛乳配達

・演劇(子役など)

 

しかしながら、今どき新聞配達や牛乳配達も原付で配送されることがほとんどです。

また、子役になって映画やドラマにでてお金が稼げるのもごくごく少数です。

 

中学生が短い期間でお金を貯めるための最も良い方法は、

親のお手伝いをしてお小遣いもらうことです。

 

お父さんやお母さんであれば、家事を手伝えば多少のお小遣いをくれます。

 

もらったお小遣いを貯金しておけば半年で2万円程度貯まります。

 

ぜひ、無理にお金を稼ごうとせず

中学生らしいお金の稼ぎ方をしてみてください。

中学生がお金を貯める方法3選

親のお手伝い

中学生が短期間でお金を貯められる可能性が高いのは

「親のお手伝い」です。

特にお母さんの家事のお手伝いを明確に金額交渉して手伝えばお金を稼げる可能性が高まります。

例:家事のお手伝い金額表

夕飯づくり:500円

洗濯:300円

家の掃除:300円

ゴミ出し:100円

お母さんも人間なのでたまには、楽をしたくなる時が必ずあります。

 

そんな時にちょっとしたお小遣いで気持ちよく手伝ってあげれば、

お金を貯めたい中学生と楽したいお母さん両方にとって得です。

 

ぜひ、家事のお手伝いに対して、お小遣いがもらえるか交渉してみてください。

 

新聞配達

新聞配達や牛乳配達は普通の中学生にゆいいつ認められているアルバイトです。

しかしながら、新聞配達と牛乳配達のどちらも学校の許可が必要なうえ、

早起きもしなければいけません。

 

また、今どきの配達業務は原動機付自転車(原付)で行われるため

免許を取ることのできない中学生は配達業務で採用される確率もかなり低いです。

 

「好きなことして」楽しく貯金♪

学校の許可をしっかりとってお金を稼ぐのならば、自分の特技や趣味を活かすのがおすすめです。

スキルクラウドというサイトであれば、

自分の好きなことや特技を自分で値段を決めて販売することができます。

 

お父さんやお母さんのスマホやパソコンでインターネットが使えれば、

無料で利用できるサイトです。

 

自分の得意なことや好きなことで誰かの力になってお金を稼ぐことができるので、

将来に役立つ経験もできます。

 

お金を貯めたい中学生は、このようなお小遣い稼ぎができるサイトを活用するのも一つの良い方法です。

 

まとめ

中学生で短い期間でお金を貯めることはとても難しいです。

お金を貯めるためには、仕事をしてお金を稼がなければいけません。

 

しかしながら、中学生のアルバイトは原則できないことになっています。

 

法律で決められているのはあくまで原則であり例外もあります。

 

特に学校の許可を得ることができれば、

学業に支障をきたさない限りアルバイトをすることもできます。

 

ぜひ、様々な手段を活用して、短期間でお金を稼げるようにしましょう。